円安

メリット デメリット
輸出企業にとって有利になる 輸入が多い企業にとって不利になる
世界的企業が多い日本にとって経済好転のきっかけになる 物価が上昇し、インフレへの懸念が出てくる
FXや外貨預金などで外貨を持っていると儲けやすくなる 海外旅行や留学時に必要となる金額が増える
株価や地価が上昇しやすく、持っていると儲けやすくなる 天然資源を輸入に頼っているため、公共料金が高くなる
海外からの観光客が増え、観光都市の経済が良くなる ブランド品や外車などの値段が高くなってしまう
デフレ圧力が緩和される 保有している円の価値が目減りする
中小企業の工場の利益も上がりやすくなる 日用品や食料品が値上がりする可能性がある
適度な円安であれば日本経済とって好材料である 天然資源を輸入するために必要な日本円が多くなる

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
FXを円高の時に始めていたりすると、円安になると、利益が上がって笑いが止まりません。1円円安になっただけでも、かなりの額の収入になります。企業も輸出で黒字に転じたりして、景気が良くなります。

円安になるとFXをやっていたり、ドル預金など、外国の貨幣で預金をしている人にとっては、資産が増えることになって豊になります。

円安傾向が続くと、FXで利益が上がることが続きますから、FXをやっていて良かったな、と思うことが出来ます。
円安になると、石油の値段が上がるので、物価高になってしまいます。電気料金も値上がりしますし、なんと言ってもガソリンが値上がりしてドライブがしにくくなります。

石油を原料にしている製品が全般的に値上がりに続くので、家計が大変になってしまいます。

それに、輸入品全般が値上がりになり、買いづらくなります。同じものでも、円安になると、外国で買い物をすると高めの買い物になってしまいます。1杯のコーヒーでも円高のときに比べると、高くなります。
円安の良いところは輸出企業が儲かることでしょう。

円安で日本車が外国で売れるようになると、自動車メーカーは勿論、自動車の部品などを販売している下請けの企業も儲かります。お金が入ってくるということは、国内の個人消費も増えるため、景気が良くなります。

円安だと外国人の観光客も増えて、国内で買い物をしたりサービスを利用してくれるので、そこでも儲かります。最近の日本は、中国産や韓国産の安い工業製品に押され気味なので、円安でないと戦っていけないかなと思います。
円安だと逆に輸入企業が儲かりません。日本の場合は、原油などの燃料や食料品や衣類などを主に輸入しています。

特に日本はエネルギー資源を他国からの輸入に頼っているような状態ですので、円安で石油などの価格が上昇すると、かなり厳しいです。

円安は当然外国へ旅行する場合にも影響してきます。海外旅行が好きという方には、円安は厳しいでしょうね。

円安ということは円の価値が下がっているという解釈ができますので、円安が進み過ぎると極端な話、財政破綻に陥ることになる可能性もあります。
円安になると良いところは、外国の通貨から円に交換する時より安く交換できるので、海外からの観光客が円高の時より格段に来日しやすくなり、大勢来てくれるようになることで、国内に海外のお金が多く供給されるようになることです。

更に、相対的に海外の通貨が高くなっているために、円安の時に日本の製品を海外に輸出をして売ると、高い海外の通貨分で取引された利益が返ってくるので、結果的に通常より儲けが余計に出るようになることです。
円安の悪い点は、何といっても輸入品目が通常より、高くなってしまうことです。

通常より円の価値が下がっているために、国内に輸入されてきた品目に対しては、下がった分だけ余計に支払わなければならず、その分、損をしてしまいます。

特に日本の場合は、石油や石炭などの国内では採算が合わずに出回っていない資源エネルギーや、小麦などの海外農産物に対して、円安時には余計に円を支払います。

それが価格に加算され、結果私たちの電気料金や小麦を使った商品に上乗せされて高くなってしまうのです。
円安になると、海外で日本製品が売れやすくなります。自動車産業、電器産業をはじめ日本の輸出産業は活発になり、利益が見込めます。特に自動車産業は、国内需要の拡大が見込めないので、海外での売り上げが業績を左右します。

自動車産業は、部品産業のようなものなので、国内にたくさんの下請け企業があります。大きな企業もあれば、中小企業もあり、町工場のような小さな企業もあります。

自動車産業に携わる人口は多く、それだけ影響力の大きい業種です。円安は、国内景気を上昇させるよい材料です。
円安になると、海外からの輸入品が割高になります。日本は食料自給率が低く、食料のほとんどを輸出に頼っています。小麦や大豆など、原材料の価格が上がれば、パンや麺類、調味料などの加工品もつれ高します。

また、日本はエネルギー資源自給率が低く、原油は100パーセント輸入しています。円安になると、原油価格が高騰し、ガソリンや灯油、重油の価格が上がります。

食料、エネルギーなしでは生活できないので、円安は、物価上昇を助長し、家計に悪影響を及ぼします。

関連ページ
円高 TPP
FTA 新聞
正社員 契約社員
派遣社員 アルバイト
液晶テレビ プラズマテレビ
ノートパソコン デスクトップパソコン
参考サイト
Wikipedia Yahoo!ニュース

このページの先頭へ