地震保険

メリット デメリット
地震による損害を補償することができる 火災保険とセットで加入する必要がある
噴火や津波などの損害も補償対象になっている 使用の有無にかかわらず、保険料を支払う必要がある
火災保険や家財保険では地震の被害をカバーできない 補償の基準となる判定が厳しいと感じることがある
国と保険会社が共同運営しているため、潰れる恐れがない 火災保険の補償額の半分が補償上限として定められている
保険に加入していることによって安心感を得られる 日本全体で見ても加入率はさほど高くない
日本は地震大国である 地域によってはほとんど地震が発生しないところもある
どの保険会社で契約しても補償内容は同じ いつか加入できなくなる可能性がある
地震補償保険(Resta)を追加でかけることができる 保険料に地域差があり、不公平感が感じられる

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
二度の大きな地震を体験し、地震では倒壊しなかったものの延焼した火災によって家をなくした方もたくさんおられました。こういう地震が原因による火災や津波の被害などは火災保険では補償されません。

住宅ローンを抱えたまま家が焼失し、家を建て替える事も出来ない方も多かった事を思うと地震保険に入る事で補償を得られるというメリットは大変に大きいと思います。

特に大地震が予測されている地域などは地震保険に入るメリットは大きいのではないでしょうか。
地震自体がいつ起こるか起こらないか分からないものです。保険というものはお守りと思うしかないですが、地震保険は掛け捨てな上に割高ですのでい作るか分からない地震に対して払うには高額です。

また、地震保険の補償限度額が火災保険の30~50%を限度としている点もイマイチです。

その他には、全壊、半壊、一部倒壊など損傷によって補償金額が決まりますが、建物自体は半壊であっても住めないような場合もあるなど審査と実際に住む人との現実が違うなど問題もあるようです。
地震保険に入っていれば、まさかのときに本当に助けになります。東日本大震災のときも、地震保険に入っていた人は、保険屋さんがすぐにやってきて、割れたお皿一枚も全て破損した財産としてカウントされ、全て保険金が支払われます。

あまりに大きな地震の災害の時には行政からも補助金や見舞金、義援金が出ますが、東日本大震災の時にも、それだけでは全然お金が足りないという声が多数上がりました。

そこを補填できるのが地震保険です。まさかのときに本当に助けになります。
地震保険は年払い契約がほとんどですが、決して安いものではありません。そして、家や家財が破損するほどの地震が来る確率も正確に把握できるものではありません。

実際に地震保険をかけていても一度も保険を利用しない場合もあるでしょう。その来るか来ないか分からない地震のために、お金をかけて保険に入るかどうかというのはまさにジレンマです。

できればそんな大地震にはあいたくないですし、掛け捨ての地震保険は場合によってはお金を無駄にしているようにも感じてしまうところが良くない点です。
地震が起きて家が倒壊した場合、保険金が下りるので建て替える資金の足しになるところが良いところです。日本は地震列島といわれるほど地震が多い国ですので、入っておくことできたるべきリスクに備えることができます。

保険料が割安なのもメリットの一つです。民間の保険会社が販売していますが、その支払われる保険金は、いったん保険会社から支払われたあと政府から保険会社に補償されるので、保険料が安く済んでいるのです。

安い金額で大きな安心を得ることができます。
良くない点は、いざ家が倒壊した時に支払われる保険金の額です。一般的に地震保険の保険価額は火災保険の額の半額、というケースが多いのです。火災保険に2,000万円加入している場合は1000万円しかおりないという計算になります。

その金額では同程度の家を新築で建てることはできないでしょう。それに家を建て替える間の仮住まい費用なども補償されません。

いざという時の為の保険の割には、補償額が少なく、リスクを全てカバーできる訳ではないところが、出メリットです。
賃貸の場合は必要性を感じないけれど、持ち家の場合は家というのは財産になるので、財産を守るためにも、地震保険に入っていた方が安心できると思います。

特に東日本大震災のように、大きな震災の悲惨さを知ってしまうと、地震の怖さを痛感します。

地盤がもろいと家が傾いてしまい、家は無傷でも住める状況ではなくなってしまいます。元に戻すには壮大な費用が掛かるので、そういった費用を補えるのなら、保険料なんて安いといえます。

現在日本は、大きな地震がくる確率がどんどん上がっています。地震の発生率が高い地域なら尚更ですが、絶相地震保険は入っていた方が良いと思います。
地震保険は入っていた方が良いとは思う反面、補償が万全ではないところに不安を感じます。全損・半損・一部損などに判定に分かれいて、当然ですが補償金額に差があります。

素人目にはどう見ても全損でしょと思っても、そうゆう判定をしてもらえないケースもあり、期待していた判定をしてもらえない、補償が得られないというケースを多く見かけます。

地震保険という独立した保険の割には、家の修繕費や建て直す資金としては、判断基準や補償内容がやや不十分に思えてしまいます。

関連ページ
自動車保険 火災保険
家財保険 介護保険
生命保険 医療保険
留学保険 ワーキングホリデー保険
一戸建て住宅 二世帯住宅
木造住宅 分譲マンション
参考サイト
火災保険比較ランキング Wikipedia

このページの先頭へ