借金

メリット デメリット
借金をできるということは信頼されていることの証 借りたお金は返さなければならない
少額の借金ならすぐに返済できる 金利の分だけ損をする
まとまったお金を集めることができる 債務整理や自己破産が必要となることがある
レバレッジを効かせた事業や経営ができる 借入先が増えて多重債務者になる可能性がある
冠婚葬祭などの一時的な出費をまかなえる 貸してくれた人との人間関係が崩れることがある
法律で利率の上限が定められている お金を借りているという状況が精神的ストレスになる
カードローンなどを利用すればすぐに借りられる 融資の審査が通らずに借りられないということもある
クレジットカードでキャッシングすることができる 他の人に堂々と借金をしているとは言いづらい

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
誰から借りるかにもよりますが、借金ができるということは、それだけ信用されているということになります。信頼関係になければ借金はできません。

それが例え消費者金融であっても、それなりに信用がない限り、貸してもらえませんので、借金ができるということはそれだけ信頼されているということです。

相手が友達だったりしても、貸してくれるということは、それだけ信じてもらえているということになりますし、友情の深さを現すことになります。
返せないときが困ります。最初から返すあてがあればいいのですが、返すあてがない場合、返すのに必死にならねばならず、とても困った状況に陥ります。

借金を抱えていると、何か重いものを常に抱えているような気分になりますし、それを返済していくことを考えただけでも、大変な思いをします。

借りている相手が友達だったりして、それが返せないとなると、友情にもひびが入ってしまいます。お金がからんで友情が壊れてしまう危険性も大きいです。
場合によっては借金をした方が得ということがあります。住宅ローンなどは最たるもので、賃貸で家賃を払い続けるよりはローンを組んで家を買ったほうが安上がりなんてことは少なくありません。

借金には利子がつく場合がほとんどなので、借金をした時点で一時的には金銭的マイナスになってしまいます。

しかし、その借りた資金をうまく運用することでプラスになることがあるというのが借金の大きなメリットであると言えると思います。
借金はなんと言っても自分のお金を動かしているわけではないというところの意識の持ち方に問題が発生することが多くあります。借金をすることで、手持ちの現金が増えるので、一時的に資金に余裕ができたように錯覚しがちです。

そもそも借金をしたところで、資産が増えるわけではありません。利子を考えると資産は若干減っているとも言えます。

それにも関わらず、刹那的に資産が増えたかのように錯覚し、その増えたと錯覚された現金を不用意に使う誘惑が発生してしまうことがあることは問題です。
何か大きなことをしようとする際、それには概してお金がかかるものです。会社を興すとか家を立てるとか、教育を受けることには全てかなりのお金がかかります。

それをお金がある人だけができるとしたら、格差はどんどん広がる一方でしょう。

しかし、借金をしてでもできる時にそれらを行動に移した人は、後に借金以上の効果を自分や社会にもたらすこともあるのです。

だから、借金の良い点は今持っているお金にとらわれずに人生設計を行動に移すことができるところだと思います。
借金とは、ある意味返すまで自分がとらわれることです。何があっても普通は返さなければなりません。自分の計画がうまくいかなくて借金だけが残る場合でもそうです。

人からお金を借りているというのは精神的なストレスになることも多くあり、また逆に簡単に借金するあまり額が膨らんで返しきれないほどになることもあります。

借金の悪いところはそれがあるゆえに自由が利かなくなるところです。将来のためにした借金が将来をつぶすこともあるのです。
今の世の中、大なり小なり借金をしていかないと欲しいものは中々手に入るものではありません。

特に大きな買い物をする場合には、当たり前の様に借金をする事になります。住宅や車などがその例であり、これらを現金で買える人は世の中でも一握りの人であります。

普通の人は借金をする事によって手に入れる事ができる物、と言っても過言ではありません。

昨今は少額な物を買う場合は、割りと簡単に契約出来る為、お手軽に借金をする事ができます。月々に少しずつ返していけばよいので、生活設計が立てやすくなります。
借金というものは、しないに越したことはありません。今欲するモノを手に入れる為に、苦労を後に回す手段が借金であります。いくら計画的に借金をしたとしても、一秒先の事すら誰にも予測不能なのが世の中というものです。

やはり、身の丈にあった生活をするのが何よりも手堅く生きるコツであり、借金というのはその対極にあるものです。

先に払うか後に回すかという選択肢ならば、先に済ませてしまう方が良いに決まっています。手軽に借金出来てしまう世の中なので、借金で大きな買い物をしても、愛着が薄い場合が多いのではないでしょうか。

参考サイト
カードローン比較ランキング Wikipedia(借金)