中途採用

メリット デメリット
即戦力として期待できる 元の社風に染まっていると職場に合わない可能性がある
社会経験が既にあるため、教育コストが抑えられる ベッドハンティングの場合は多額なコストがかかる
柔軟な発想や新しい考え方を職場に持ち込める 期待通りの成績を残せるとは限らない
新卒採用よりも失敗の可能性は低い またすぐに転職して他社へ行ってしまう可能性がある
既に自社にない人脈を持っている 社の方針ではなく、自分のやり方に固執してしまう人もいる
転職を機に心機一転頑張る社員が多い 過去の職場での評判が分かりにくい
新卒と違って入社時期を柔軟に調整できる 新卒よりもプレッシャーがかかりやすい
知らない業界の現状などを知ることができる 他業界からの転職の場合、即戦力にならないことも多い

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
中途採用の利点は、企業にとって「即戦力」が手に入るところだと思います。新卒で入社すると、一からノウハウを教えて育てなくてはならず、最初の数年は「給料を払って仕事を教えている」という状態であることも少なくありません。

しかし中途採用であれば、最初からある程度の経験・能力を備えているので、すぐに雇用主にとって役に立つ人材として活躍してもらうことができます。

就職する側にとっても、全く道の仕事で無い限り今までの経験を活かすことができるので、「会社のお荷物になっている」という悩みを持つことがありません。これらが中途採用のメリットだと思います。
あくまでも一例ですが、以前働いていた会社で、営業職として中途採用された人のアシスタントを勤めたことがありました。

しかし、その人は今までの経験があるため、「ここはこうすればもっと良くなる」「自分はこうして成功した」とマイルールを貫こうとするところがあり、会社の風潮に合わない強引な営業方法でトラブルやクレームを招くこともしばしばでした。

ここで思ったのは、「半端な自信を持っている中途採用者はたちが悪い」ということです。新卒社員なら真っ白ですから、その会社の雰囲気になじむ努力をしてくれます。

しかし、経験を積んだ人だと自分の過去の成功事例を「ここでも通用する」と強引にことを進めてしまい、結果として失敗につながってしまうこともあるのだと思いました。
中途採用は新卒に比べ、他社での経験があるので基本的な仕事の流れや仕事に対する姿勢ができている点が良いと思います。また仕事上の経験を生かして新たに就職した会社で即戦力として使えることも良い点です。

基礎的なことを教育する、されるのにはかなりの時間がかかるものですから、それをしなくて済むのは双方にとって良いことです。

また他の職場で働く経験が「自分は仕事に何を求めているのか」を意識させ、より目的意識をもった働き方ができるので、会社にとっても自分自身にとっても中途採用は新卒にはないメリットがあると思います。
自分のやり方に固執してしまうなら、中途採用がかせになってしまい、良くないと思います。「前の会社はこうだった」「他ではこうだった」というのは周りとの関係を緊張させ、結局仕事に影響してくるものです。

また中途採用の場合、全職の経験を生かす役職に付くことが多く、新しいことに挑戦する場合にはそのメリットがなかなか生かせません。

会社側としても一からその会社なりのやり方を身に付けてほしいと思う場合、新卒より難しいと思います。
中途採用した場合、新卒者と違い、社会人としての経験を積んでいる点が良いと思います。経験がある事で、社会人としての自覚やスキルの点で差があり、即戦力としての働きを期待出来るからです。

また、社会人としての経験があるからこその一般的な常識もあり、目上の人への配慮も違うでしょう。お客様や取引先への対応もある程度、助言を与えるだけでこなせると思います。

中途採用者を採用する事は、会社にとっても良い刺激になると思いますので、その点が良いと思います。
中途採用した人が、前の会社でどんな働きをしていたかが重要であると言えます。全く能力がなくて、会社にいられなくなって退職した場合もないとは言えないからです。

即戦力と思っても期待通りの仕事が出来なかったり、またはやる気がない場合などもあります。新卒者のような、仕事に対する情熱がないのも問題でしょう。

また、仕事を転々としているような人は、またすぐに飽きて辞めてしまう可能性もあります。やる気があるかどうか見極めないと、またすぐに逃げ出してしまうこともある点が、良くないと思います。
中途採用に関して良いと思う点は、即戦力になる可能性が高いということです。中途採用をする場合は今までの職場でどのような成果を残してきたのかを重視して採用することになるでしょう。

例えば営業ならば、新卒の何も結果を残していない人よりも、中途で今まで他の会社で営業として結果を出してきた人の方が確実に即戦力になります。

入社してすぐに会社の戦力になってもらいたいと考えているのであれば、新卒ではなく中途採用で人材を確保した方が良いでしょう。
中途採用で良くないと思う点は、ある程度社会人経験がある為に採用した会社の社風に慣れることが難しいということです。

会社にはそれぞれ社風というものがありますが、中途採用で採った方だと社風に合わない可能性が出てきます。新卒であれば充実した社員研修など、会社の社風になれる時間が十分にあります。

しかし中途の場合はそのような時間はあまりありません。今までとは違う社風に慣れるということが中途採用で採った方の場合は難しいと思います。社風に慣れることができなければ、本来の能力をなかなか発揮できないでしょう。

参考サイト
ゼネコン.net リクナビNEXT