スマートファクトリー

メリット デメリット
エネルギーの最適化ができる 多額の設備投資が必要となる
ピークシフトやピークカットに役立つ 体力のある大手企業でないと導入が難しい面もある
工場内で発生する熱を有効活用できる 設備によっては操作や使い方を覚える必要がある
太陽光発電や小型風力発電システムを設置できる 定期的にメンテナンスや点検が必要となる
コスト削減と同時に二酸化炭素排出量削減にも役立つ 工場ごとに最適化の内容が異なり、パッケージ化が難しい
工場見学などで知名度を高めることができる スマートハウスと比べると知名度が低い
スマートファクトリーの先端技術を海外に輸出できる 海外にスマートファクトリーの需要があるとは限らない
工場のブランド力を高めることができる 予想だにしない新たな問題が生じる可能性がある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
スマートファクトリーの良い点は、それぞれの工場の稼働状況によって使うエネルギーの最適化をはかれることです。比較的大きなエネルギー設備を設置できますし、また多様な電源を確保することが可能になります。

工場はその消費エネルギーも大きいので、その分の省エネ効果も大きくなりますし、また製品やものの製造過程で発生する熱なども取り入れ再利用することも可能になります。

それに電力使用の計画的調整、つまりピークシフトもできるようになりより効率的に工場を稼働することができます。
スマートファクトリーのデメリットと言える点は、まずその設備の購入に大きな費用が掛かることです。初期費用の多さはやはり今後の稼働への負担になります。

またスマートファクトリーというものがまだあまり広く取り入れられていないので、その知識の不十分になりがちです。ですのでFEMSや設備の操作など、従業員への教育が大切になってきます。

また複数のエネルギー設備を取り入れることにより、それぞれに対しての異なるメンテナンスも必要になり、管理が複雑になることもデメリットのひとつと言えます。
スマート工場とは、スマートハウスの工場バージョンのことです。室内灯のLED化、太陽光発電システムの導入、地熱発電システムの導入、高熱利用を見える化するためのFEMS導入などを行って、高熱消費量を削減しようとした工場です。

公害発生の原因といえば、過去事例もあることから、工場からの排水や工場から排出される有害な大気というイメージがあります。

そのイメージを払しょくするために、積極的に導入することは製造業界にとって良いアピールになるので賛成です。
スマート工場システムは、地球環境に配慮した大変良いシステムであると思うのですが、従業員の環境意識が低くなってしまうような気がします。

現在、クールビズやウォームビズ、使わない電灯や機器は消すといった人による環境行動があります。

スマート工場自体が環境配慮であるので、従業員一人一人が環境配慮を行わなくても良いと考える従業員が増えてしまうような気がします。

光熱消費量の目標設定を行っている工場では、スマート工場システム導入で容易に目標達成できてしまうと思うからです。
工場は、家庭とくらべてはるかに多くのエネルギーを消費するので、スマート化することによって省エネにつながれば、大きなメリットだと思います。規模が大きいほど、太陽光発電によってエネルギー生産・貯蓄の効果も期待できます。

また、システムをスマート化することで、エネルギー管理だけでなく、詳細で正確な生産管理、流通管理も可能になり、人件費などの無駄を省いて効率化をはかることができ、生産力アップにつながると思います。
設備投資が大きくなるので、企業にとっての負担が大きいことが、難しい点だと思います。

余裕のない中小企業はもちろん、多くの工場を抱える大企業であれば、それだけ大きな投資が必要になるので、すべてスマート工場にするのは難しいと考えられます。

また、工場によって必要とするエネルギーや、システムが大きく違うはずなので、それぞれに合わせて最適なシステムを構築するのは大変なことだと思います。企業によってはそれによってマイナス効果にもなりうる危険があるでしょう。

参考サイト
スマートグリッド.net 大和ハウス