メガソーラー

メリット デメリット
環境に優しい再生可能エネルギーである 天候や時間帯によって発電量が左右される
純国産エネルギーで、エネルギー自給率の上昇に寄与する 発電所を建設してもほとんど雇用を生まない
二酸化炭素を排出しないため地球温暖化対策にもなる 発電所を建設するために環境破壊が起きる可能性がある
固定価格買取制度で発電した分を国に買い取ってもらえる 多額の初期投資が必要となる
何にも使われていない無駄な遊休地を有効活用できる 他の発電方法と比べると発電効率は良いとは言い難い
事故のリスクが小さく、仮に起きても被害は小さい 発電に際してスケールメリットは存在しない
事業者の節税対策としても有効である いつ電力の買取価格が下がるか分からない
大企業ではなくても参入できるほど参入障壁は低い ソーラーパネルを廃棄するためのコストもかかる

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
メガソーラーの良い点は、何といっても土地の有効活用にあります。今、全国の廃止されたゴルフ場や塩漬けにされていた開発用地に、次々とメガソーラーが建設されていることをご存知でしょうか。

そう、今や、メガソーラーは土地の有効活用の救世主なのです。これだけではありません。従来の住宅地にもメガソーラーは建設可能なのです。

集合住宅のそれぞれの屋根にソーラーパネルを取りつけて、一斉発電すれば、それもメガソーラーとなりうるのです。この他にも洋上で容易に建設できるなど、開けた場所ならどこでも発電可能なのがメガソーラーなのです。
メガソーラーの悪いところは、その発電規模の割には実際に発電できる効率が意外なほど悪く、利益をもたらさないという点です。

世界では、メガソーラー事業からの企業の撤退が相次いでいます。利益が出ないからです。国を見ればもっと悲惨です。

ドイツは日本の福島での原発事故の後、いち早く自然エネルギーへの転換を図りました。メガソーラーも盛んに作られました。その結果どうなったか。今や電力をロシアから支援している状況です。

メガソーラーは見た目に反して電力と利益を生みださない、無用の長物なのです。
メガソーラーというものには大きなメリットがあります。やはり地球環境に負担をかけないというものがあるのです。

一般の発電施設などでは、発電するためには二酸化炭素などを発生させてしまいます。地球環境に負担をかけながら、発電をしていっているのです。

一方でメガソーラーは太陽光発電となります。燃料は太陽光になりますので、燃料費もかかりませんし発電をする時に二酸化炭素を発生させることもあります。

大きな機能性を持っているのです。地球環境を考えるのでしたら、メガソーラーを活用していくべきでしょう。
メガソーラーのデメリットと言えば、安定性があります。メガソーラーを機能的に動かしていくためには、太陽光は安定して必要になります。

しかし、天気につきましては毎日はれというわけにはいきません。曇りの日もあれば雨の日もあるのです。ですので、太陽光発電には安定性というデメリットがどうしても発生してしまいます。

例えば、晴れの日を100パーセントとしますと、雨の日は10パーセントほどになってしまうこともあります。安定供給というものは考えにくいでしょう。
メガソーラーとは大規模太陽光発電のことで、太陽光を使って発電するため、環境に良い再生可能エネルギーということで、現在普及が進んでいます。

メガソーラーを設置するには、大規模な土地が必要ですが、利用していない土地があり、活用する予定がないのであれば、メガソーラーを設置すべきだと思います。

電力を社会や地域に供給することで貢献できますし、企業が設置した場合、政府政策の優遇を受けられたり、何より社会に環境のアピールができます。
メガソーラーのデメリットとしては、まずはソーラー発電自体の問題ですが、発電量が天候や時間に左右されるという点です。夜間や雨天時には発電が行われないため、安定した発電とは言えません。

また、一番の問題は導入費用がとても高いということだと思います。しかも、現在の太陽光パネルは、半永久ではなく、寿命があります。数年間毎に交換が必要となるので、維持費用もかなり高くなってしまいます。

以上より、技術がまだまだ発展途上であるので、導入を見合わせている企業、自治体が多いのではないでしょうか。
メガソーラーは郊外の工業団地などに設置される場合が多く、住宅用など市街地に計画される場合のような障害物がなく、基本的に一年を通して、一日中安定的に太陽光線を受けられるというメリットがあります。

また電気に変換する装置は規模の大小によらず必要なので、規模が大きいほどスケールメリットが享受できます。更に工業団地内で発電した電気を使用すれば、遠距離まで通電する場合のロスがなくなり効率的です。
近年世界的な環境問題への取り組みもあり、ソーラー発電には世界の企業がしのぎを削っています。従ってどんどん安くてエネルギー効率の良い装置が開発されています。

競合する後発の会社が最新鋭の装置で安い電気を供給することになれば、先行した会社は大きな痛手です。

もうひとつは、メガソーラー自体の歴史が浅くその耐久性についてはまだ不確定要素もぬぐいきれていません。将来数十年間にわたって、故障せずに働き続けるのか確証はありません。

参考サイト
DoCoJapan Wikipedia