燃料電池自動車

メリット デメリット
環境に優しい 事故を起こしてしまった際の危険性が不透明
二酸化炭素を排出しないため地球温暖化対策になる 燃料電池そのもののコストが高い
排気ガスや有毒ガスなどといったガスを全く排出しない 水素ステーションの整備にコストと時間がかかる
走行時も停車時も音がとても静か 水素の運搬や貯蔵の方法に検討の余地がある
低コストで長距離走ることができる 音が静かすぎることに起因する事故が増える可能性がある
ガソリンを必要としない まだ本格的な市販化はされていない
複数の有名自動車メーカーが開発を進めている 電気自動車やハイブリッドカーと比べると認知度が低い
水素を充填するための時間が短い(約3分) 市販されてもしばらくは車種が非常に限定的

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
二酸化炭素などの地球温暖化に関与する物質や大気汚染物質が出ない点が、燃料電池自動車の良い点であると思います。

地球温暖化については、10年以上前から国連などが注意喚起を行っていましたが、すぐに先進国のライフスタイルを変えられることもできず、技術革新が進んできたことはとても喜ばしいと思います。

大気汚染物質についても、中国のPM2.5のような事例もあって消費者意識も高まっているのではないかと思います。燃料電池自動車は、このような時代にマッチした優れた技術の固まりだと思います。
コストが高いという点が難点であると思います。消費者の視点から価格というのは購入時に非常に重要な要素です。

景気は安倍政権になってから上向いてきたと言われていますが、中小企業がその効果・恩恵を受けるに至っているのかというのまだ疑問が残るのではないでしょうか。

そういった景気観、生活感を持っている消費者が、価格に対してシビアになるのは致し方ないと思います。

また、水素を車に供給できる場所が非常に限られているという点も難点でしょう。

もっと利用が広がれば、このような施設も整備されていくとは思うのですが、現状では燃料電池自動車を購入して利用できるという家庭は非常に少ないものと思います。
燃料電池自動車とは、その名の通り燃料電池で走る自動車のことです。その燃料となるのは水素であり、空気中の酸素と反応して発電します。水素と酸素の化学反応ですから、ガソリン自動車と違って二酸化炭素は発生しません。

従って、地球温暖化問題に貢献できるということです。究極のクリーンエネルギーの次世代自動車と言われています。現在、様々な企業が開発に取り組んでいますが、早く一般普及させてくれることに期待したいです。
現在、各企業で開発が行われていますが、燃料電池にレアメタルを使用しないといけないという問題があります。

資源の乏しい日本で製造するとなると、燃料電池のレアメタルが高価であるために、自動車の価格が非常に高くなってしまいます。

また、電池に水素を充填する際に電気を使用しなければなりません。現在、日本の電気は火力発電を主として発電しております。火力発電は資源を燃焼して発電するため、二酸化炭素を排出します。

燃料電池自体はクリーンエネルギーですが、自動車を走らせる準備段階で、地球温暖化を促進してしまう点は残念です。
燃料電池自動車は水素を燃料に使います。そのため、燃焼した際、つまり酸素と結合した際に排気ガスを排出しません。この点は、大気汚染や地球温暖化が問題となっている現代社会で非常に優れていると思います。

また、水素燃料は空気中や水中に多量に含まれている水素を元に作られるため、資源の枯渇の心配がありません。

つまり、燃料電池自動車の水素燃料は石油や石炭のように、限りある資源に比べて、安定的に供給でき、値段も高騰する心配もないので、燃料電池自動車は家計にとっても優しいという点も優れていると思います。
燃料電池自動車の燃料である水素燃料は、水素が主となり構成されているため、扱い方が困難です。水素は気体なので、供給元にも石油燃料以上の安全性や管理が問われます。

これは、水素燃料供給側のコスト増加につながるので、従来存在しているガソリンスタンドのように各地に配置できない可能性が高くなります。

また、水素燃料の供給が少ないと価格競争が起こりにくく、価格が下落しません。このように、水素燃料の供給面に不安要素が多い点が燃料電池自動車の欠点だと私は思います。
燃料電池自動車は、二酸化炭素など排出ガスがゼロというのが一番のメリットだと思います。排出するのは水だけというクリーンさが何よりの魅力です。

そのほかにも充電の必要がない、エネルギー効率がよいなど、様々なメリットがありますが、石油に依存せずにエネルギーを入手することが出来るので、資源が乏しい日本には適した自動車といえると思います。

地球温暖化の急激な進展が問題化する昨今において、燃料電池自動車の果たす役割は大きいと思います。
環境面では非常に優れた燃料電池自動車ですが、そもそも燃料電池そのものがまだ非常に高価であるため、燃料電池自動車の車両価格はまだまだかなり高価です。

現在、一般的に広く普及されるためには、この点が克服されなければいけないと思われます。

今後、燃料電池自動車の開発が進み、より普及が推進されることによって、製造コストが低減化されることが重要であると考えます。またバッテリー触媒となる白金が現状では非常に高価であることも課題といえます。

関連ページ
電気自動車 ハイブリッドカー
プラグインハイブリッド車 燃料電池
レンタカー カーシェアリング
自動車保険 車両保険
コージェネレーション エネファーム
スマートハウス リース
参考サイト
燃料電池.net トヨタ

このページの先頭へ