新聞

メリット デメリット
情報量が多い 情報の速報性は低い
様々なニュースに触れることができる 自分にとって必要のない情報も多い
新規契約や契約更新でプレゼントをもらえる 折り込みチラシの枚数が多い
手元にあるため、いつでも読み返すことができる 古新聞の処分が大変
明るい場所ならどこでも読むことができる 新聞代が毎月かかる
複数の新聞社から好きなところを選んで契約できる サイズが大きくて読みにくい
古くなった新聞紙を梱包材に代用することができる 満員電車内でも読む人がいる
テレビ欄が見やすい テレビ欄だけなら地デジの番組表でも十分

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
両親の世代になるとインターネットとは縁遠い生活を送っているので、新聞でその日のニュースやテレビ欄を見たりして確認しているようです。

活字を読むことでボケ防止にもなりますし、新聞紙があると便利なことも多々ありますので、新聞はより強く印象に残るインフォメーションを得ることが出来ると思います。

新聞はインターネットのニュースと違って、そこに残るので、改めて読み返したりすることが出来ます。
新聞代が高いです。それに、ほとんどのニュースはテレビやインターネットで得ることができるので、改めて新聞を読む必要がありません。更に、古新聞が重なって積み上げられて、廃品回収が来るまで邪魔になります。

昔は古新聞はトイレットペーパーなどに交換してもらえましたが、今は交換どころか、廃品回収に来てもらわねばならなくなっていて、無駄な紙の使用だと思います。

広告も入っているので、無駄な紙が増えて、保管するのにもスペースをとるので困ります。
新聞の良いと思う点は、信頼の置ける情報、正しい情報が掲載されていることです。インターネットの情報は玉石混合で、自分で情報の真偽を確かめる必要があります。

その点新聞は、情報源の確かなものしか掲載されず、内容も分かりやすく解説されているので、知識をより深いものにすることができます。

世の中の様々な出来事が掲載されている点も、新聞の良い所だと思います。自分で情報を集める時は、どうしても興味があることや好きな事について集めてしまいがちですが、新聞なら幅広く世の中の情報を集めることができます。
新聞の良くない点は、速報性に乏しい所です。新聞には締切と配達時間が存在するので、情報のスピードではインターネットに敵いません。そのため、締めきりの後に起こった出来事に対しては、翌日の新聞に掲載されることはありません。

紙資源の無駄で、かさばることも良くない点です。1ヶ月分の新聞はかなりの量になります。広告が毎日あるので、部屋が散らかりやすいです。貯めておくスペースも必要ですし、古紙回収に出す際の作業も意外と面倒くさいです。
携帯やパソコンを使うことが多くなり、活字を読むことが少ないので、新聞は貴重なものだと思います。コラムなどを読んでいても、きちんと起承転結された文章なので、理解しやすいと思います。

隅々まで読むことで、今の日本がどのような問題を抱えているのか、対策をとっているのかなど、時間をかけて理解できることも魅力です。

更に、流行の商品や悩み相談などの、普段の生活に役立ちそうな記事もあるので、読んでいて飽きないという良いイメージがあります。
新聞自体のサイズが大きすぎて、読むときに扱いづらいことが問題点です。よほど時間があるときでない限り、たくさんの記事を読むことはありません。

テレビ欄だけで十分という思いもあります。ひととおり記事に目をとおしたら、後は山積みになっていくので回収処分が面倒です。

また、朝刊と夕刊をとっていると、月々の費用が意外に高くつくことも問題です。時間がないときには、ほとんど目をとおしていないにも関わらず、費用だけかかるので、不経済な点もあると思います。
ネットなどで情報を集めようとすると、どうしても自分の興味のあることや関係のあることにしか目が向かず視野が狭くなりがちです。

しかし、新聞は見出しを見ただけである程度どのようなことが世間で問題になっているのが、自分にとって特に関心がない情報も拾えるところがよい所だと思います。

また、明るい場所であれば電源がなくても読むことができるので、時間や場所を選ぶ必要がなく、自分の都合のいい時にいつでも利用できる点は便利です。
各家庭や店頭に並べられている頃には既にテレビやラジオやネットで情報が伝達済みであることが多く、いち早く情報を得る手段としては新聞は適していないと思います。

また、より多くの情報を盛り込もうとすると紙面を大きくするか沢山の紙を使うかしなければなりません。

広げると邪魔になることがありますし、綴じられていないためページが多くなるとバラバラになりがちで、たたむときに織り目が合わず、しまいにくいこともたまにあります。

参考サイト
読売新聞 日本経済新聞