プラズマテレビ

メリット デメリット
スポーツ中継などの動きの激しい映像に強い 明るい部屋では画面が暗く感じられる
上下左右からもよく見える視野角の広さ 光の反射で画面が見えにくいことがある
コントラスト比が高く、色の表現が豊か 同じ画像を長時間表示していると焼け付きが起きる
液晶と比べてパネルの強度が高い ディスプレイ自体の発熱量が液晶よりも大きい
旧型のものと比べて消費電力が大分抑えられている 同じ画面の大きさでも液晶と比べて重い
パネルの寿命が長い(約10万時間) 擬似輪郭(疑似エッジ)が発生する
様々なメーカーがプラズマテレビを扱っている 既にプラズマテレビから撤退しているメーカーもある
パネルの清掃(画面拭き)がしやすい 液晶テレビの方がシェアが高い

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
液晶テレビと比較して大画面化が容易だという利点があります。また、動く映像の表現力は液晶と比較して圧倒的にプラズマTVが綺麗です。

私はF1が好きでよく見るのですが、自宅の液晶テレビと知人宅のプラズマテレビでは圧倒的な差があり、知人宅に住みたくなります。

画面を右から左に流れるテロップについても液晶では読めない文字があったりしますが、プラズマテレビではまずそのようなことはありません。動きの表現力においては液晶テレビとの差が歴然です。
液晶テレビと比較して消費電力が多いです。当然家計に影響しますので、安いに越したことはないです。その点では液晶に遅れています。輝度も液晶テレビの方があります。

家電量販店などで比べると分かりますが、プラズマテレビの方が画面が暗く感じます。自宅で見る分には実質的な影響は無いと思いますが、比較してしまうと差を感じます。

また、テレビ単体の重さが重いです。液晶と違い、50インチ以上の大型テレビだと一人で持ち運びすることが困難な重さになります。
プラズマテレビの最も良いと思う点は、なによりもロールテロップの見やすさです。ただし、これはプラズマが良いというよりも液晶テレビが良くないのだとも思います。

液晶の画面では、まるで圧縮された映像のように、テロップがジャミジャミに乱れて流れてしまい、小型の画面だとサッパリ読めない事さえあります。プラズマではこれははっきり映ります。

テレビである以上、そこに映されるされる情報はきちんと見えるべきです。この一点だけでも、私はプラズマテレビを選ぶ理由になると思います。
まず大きく上げられるのは消費電力です。液晶と比べて二倍ほども違うと聞きました。これは大きな違いです。例えば、冷蔵庫を買いかえる時、最も気になるのは年間の消費電力です。冷蔵庫は365日ずっと付けているわけですから。

ではテレビは…と考えると、家にいる間はBGMのように付けているという人も最近は多いのではないでしょうか。その場合、家にいる時間の電力が倍ちかく違ってくることになるわけです。

私は家にいることが多く、テレビはBGM派ですから、プラズマには向かない人種だということになります。

また、プラズマは明るいリビングに向きません。明るい部屋で見ている時に、画面の中の暗めの部分に自分の顔が映ってよく見えないことがあるからです。

とはいえ、液晶であっても明かりによっては映り込みはあります。やはり、消費電力がプラズマテレビの一番の課題であると思います。
プラズマテレビの良い点はその発色性と色の再現性でしょう。液晶テレビも綺麗だとは思いますが、プラズマテレビは更に色が良いです。パネルの開閉で色を調節する液晶と画素そのものが発光するプラズマでは色に差が出て当然です。

また、その処理能力の違いはスポーツなど高速の物体を映し出す時にも差がでます。液晶にありがちな残像現象がプラズマテレビにはありません。画質こそがプラズマテレビの最高の特徴であり良い点だと思います。
プラズマテレビの良くない点は消費電力の高さでしょう。これは結果として電気代に跳ね返ってきます。

ブラウン管テレビを凌ぐ電気代は、家計の負担になってしまう可能性があります。また、比例するように発熱量が多くなりますので狭い部屋では暑さを感じる可能性があります。

更に大きな問題として画面の焼き付きがあります。ブラウン管でも見られる現象ですが、画面内に静止部分がある映像を映し続けるとその部分がうっすらと影となって残ってしまう可能性があります。
小さな子供がいても画面に触れられても大丈夫なところは良いと思います。液晶だと手で押すと怖いので、プラズマはそういう所が丈夫であるのではないかと思います。

実際我が家はテレビを購入するにあたって、その面を考えてプラズマにしました。

また、スポーツ観戦をするのにもプラズマの方がいいと耳にしていたので、そこも良いと思います。斜めから見たときもプラズマは見にくくありませんでした。

我が家が買った当時は、今ほど液晶テレビは画面がでかいものがなかったので、大きさを考えたらプラズマになりました。今では液晶も大画面のものがどんどん出てきていますが、当時はそんなこともなかったのでプラズマにしました。
プラズマは熱を持ちやすいのでそこが難点だと思います。熱を持つのでテレビの周りはとても暑くなります。夏なんてエアコン効いてない…?というくらいの熱気があります。

また、ホコリを貯めやすいのもプラズマの悪いところです。一度テレビが壊れて修理に来てもらいましたが、後ろのパネルを開いたら、ほこりがたまってファンが動かなくなったとのことでした。

次は液晶にしようかなと思ったのはこれが原因です。掃除もどれだけしてもホコリはすぐ貯まるのでそこが嫌です。
スポーツや動きの速い映像でも残像が残らずに綺麗に映し出されます。正面からテレビを見なくても映像が綺麗に見え、視野角が非常に広いです。

液晶テレビだと動きの速い映像は残像が残ってしまいカクカクと動く事もありますし、正面からずれた位置で見ると暗くなってしまいます。

また、画面が拭き掃除しやすいですし、小さな子どもがいる家庭ではたとえボールペンでテレビに落書きされても大丈夫ですね。液晶テレビだと落書きされたボールペンや鉛筆を落とすのも強くこする事もできませんし難しいです。
正面からだけでなく左右どこから見ても映像が綺麗に見え、更に視野角が広いというのはメリットだと思います。

しかし、外からの光が画面に映り込んで反射すると全く画面が見えなくなってしまうので、カーテンをひいたり、角度を変えたりしなくてはいけません。

あと大きな問題としては静止画の焼きつきがありますので、静止画のまま放置しておくのはだめですね。DVDを一時ストップして放置というのは絶対にやめなければなりません。

それに一般的には液晶テレビよりも電気代がかかると言われています。節電の事を考えると多少なりともデメリットになるでしょう。

参考サイト
パナソニック 日立