秘書検定

メリット デメリット
マナーや一般教養が身に付く 秘書検定を受けていなくても秘書になれる
年に複数回開催されていて、受験しやすい 難易度があまり高くないため、効果は大きくない
就職の際に有利になりやすい 秘書検定よりも就職に有利な資格は多数ある
どの年代でも勉強が役に立つ 受験者が女性ばかりで、男性は少し受けづらい
2級までは筆記だけなので取得しやすい 実技のある1級は他の級と併願できない
学校では学べない仕事上の基本知識を学べる 秘書を雇っていない企業は山ほどある
特に女性の場合は持っていると仕事上で役立つことが多い 秘書検定に合格しても秘書になれるとは限らない
数ある資格の中でも特に有用な資格の一つと言える 実施回によって難易度に多少の差がある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
秘書検定は社会常識を学ぶ為には、とても良い検定だと思います。秘書という言葉がついている為、この検定は秘書になりたい人、又は既に秘書である人が受けるべき検定だと思う人が多いかもしれませんが、実際はそうではありません。

秘書検定を受ける為に行う勉強を通じて、様々な社会常識や言葉、マナーを学ぶ事が出来ます。特にマナーは、実生活で役立つ知識を学ぶ事が出来ます。学生や社会人、主婦等様々な業種の人が受けるべき検定だと私は思っています。
秘書検定はその問題によって、難易度がまちまちです。これはどの試験にも言える事ですが、自分が得意とする分野の問題が多数出題される回と、そうではない時があります。

また、数学の様に1つのびしっとした答えが出るわけではないので、回答を知ったとしてもなぜ答えがその番号なのか理解に苦しむ時があります。

更に、秘書検定にはひっかけ問題も多く出題されます。その為、完璧な答えと理由を常に知りたがる人や、引っかけ問題が苦手だという方には不向きな検定だと思います。
秘書検定は文部科学省が後援をしている資格なので、それなりの信用性が確保されています。準1級以降の二次試験(実技)試験の存在も資格保有者の能力を示す指標となるので、良い印象を持てます。

また、一方で3・2級は双方筆記試験のみで合格すれば資格認定されるので比較的楽に資格を保有することができるのも利点だと考えています。

同時に、この資格に対する対策をするだけもビジネスマナーの一端を学ぶことができ、社会人にとっては特に有用です。こういった理由から私は秘書検定を肯定的に捉えています。
秘書検定の3・2級は二次試験(実技)が存在しません。そのため資格の取りやすさが利点ですが、一方で実際の現場でそれが活用できるかと問われると難しいのです。

やはり実務試験を最低限受けているか対策をしていないと現場では意味がありません。

また、そもそも秘書の仕事は経験がものをいう場面も多く、優れた秘書が必ずしも資格を保有しているわけではないので、資格そのものが大きな力を持っているということではないのです。
秘書検定はその検定の内容上、一般常識や敬語などの言葉遣いがマスターできるので、社会に出た時に役立つことがたくさんあり、とても有益だと思います。また

その級も1級、準1級、2級、3級とあり、自分に合ったレベルで受けていくことができるので受けやすいと思います。

公的資格でもありますので、履歴書に書いても印象が良く、面接官の受けも良いような気がします。

仕事上だけではなく、日常生活においても学んでいて損のない内容だと思いますので、資格としておすすめです。
公的資格ではありますが、国家資格ではないのでその分の価値は少ないと思います。また級においても履歴書に書くのであれば最低でも2級、できるなら準1級か1級あたりを取っておかないと、あまりインパクト自体はありません。

それにこの資格がなくても秘書にはなれますので、秘書になるためのパスポートではないということをよく理解しなければいけないと思います。

やや中途半端な資格のような気がします。女性に人気の資格で比較的取りやすいので、みんなが持っているありふれた資格であると認識しなくてはいけません。
秘書検定は、どの世代の方でも学ぶことができるという点から良いと思います。

既に社会に出ている方はもちろん、まだ学生の方であっても、秘書検定を受けることによって「一般常識」「社会人としてのマナー」などを学ぶことができます。

こういった基礎の部分をきちんと勉強することができるのは、秘書検定だけではないでしょうか。

上座下座の区別から、書類のファイリングの仕方、上司への接し方など、勉強して絶対に損をしない知識を得ることができるところが良いと思います。
秘書検定はそんなに難解な検定ではないので誰しもに門戸が広く、結果的に、履歴書に書いたとしても「一応一般常識を持っています」というくらいの評価しか得られないところが残念だと思います。

また、学生時代に取得したところで、しょせんは机上の空論なので、新卒の方が就職活動で武器にできるかというと、そうではないと思います。

社会に出てみて初めて理解できることが世の中にはたくさんありますので、理論だけを学ぶという点で、秘書検定はあまり良いとは言えないと思います。

参考サイト
実務技能検定協会 ビジネス系検定