外国人参政権

メリット デメリット
外国人ならではの多様な意見や考え方を反映できる 反日勢力が日本の政治に影響を与える
外国人も政治に参加しているという責任感が出る 日本にとって不利益な政策が通る可能性が上がる
優秀な人材を日本に残しておくことができる 外国人増加による治安の悪化が懸念される
民主的に多様性を認めているという対外的アピールになる 外国人寄りの法案や条例ができてしまう可能性がある
外国人の雇用増加が企業に良い影響を与えることもある 日本の伝統的な文化を損なう可能性がある
人口が減少している地域では人が増えるだけでもメリット 小さな村や町の政治が外国人の票に大きく左右される
国籍にとらわれず、日本をより良くすることができる 外国人にほぼ乗っ取られてしまう村や町が発生する可能性
日本人の政治参加への意識が高まる 海外では外国人参政権を認めた失敗事例が見受けられる

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
長期間日本国内に住んでいる外国人が、住んでいるその環境について意見を言えることは当然の権利だと思います。出生国が日本ではないというだけで、実際に毎日日本で生活しているという点では、日本人と何の変わりもないからです。

外国人が多く住んでいる地域などは、その環境に合わせた政策やルールがあることで、そこに住む外国人にとっても、そこに住まない日本人にとっても、双方に良いと思える環境を作りやすいと思います。

一方的なルールの押し付けは敵意を生んでしまいかねず、お互いが意見を聞きあってこそ、良いものが作っていけるのだと思います。
日本は国内に住む外国人の割合が、世界的にもあまり多い方ではないと言えるかと思いますので、基本的には外国人の選挙権は必要ないと言えると思います。

また、万が一外国人に選挙権が認められ、今後海外からの移民が増えた場合などには、日本に古くから残ってきた習慣や文化、法律など、善し悪し関係なく多くのものが消えてしまいかねないと思います。

外国人はまとまって同地域に住んでいることが多いので、選挙権を認めてしまうと、その地域がもはや日本ではなくなってしまう可能性が大いにあると思います。
日本に住んでいる外国人に参政権が与えられることによって、国籍に関わらず日本の政治に参加している共同意識が芽生えて責任感や一体感が出てくるという点はメリットだと思います。

また、外国人という新たな視点が日本の政治に入ることで、政治が新たに発展進歩する可能性もあると思います。

そして、何より日本という国が外国人に開かれた国、国際感覚を持った国になり、世界の中における日本の立場が向上する可能性も大いにあると思います。
外国人に参政権を与え、万が一にでも日本に対して悪意を持った外国の勢力が存在した場合を考えてみましょう。

その勢力が日本に入り込んできて、参政権を行使することによって日本の政治に影響を与え、日本の政治をゆがめる可能性があるという点は最も懸念されるものだと思います。

また、日本が外国人に参政権を与えたとしても、海外に住む日本人が必ずしもその国で参政権は与えられていないので、その公平性や権利を考えると問題があるとも思われます。
日本は島国のせいなのか、どうしても外国人に対して偏見を持ってしまいがちですが、外国人の中には純粋に日本を愛して住み続けている人もいて、決して悪い人達ばかりではありません。

日本で働き、日本に税金を払い、社会に貢献している人も数多くいます。あくまでも日本のことを考え、日本のために働いてくれる人なら、参政権を与えるのは賛成です。

また、日本の人口や経済的な面を考えれば、外国の優秀な人材を日本に残していくこともできるし、少なからず利益はあると思います。

あとは、外国人参政権に関しては、反対意見の方が絶対多いと思うので、いざ外国人が参政権を得たら、政治に無関心ではいられなくなり、投票率も上がってくるのではないかと思います。

政治に興味がない人に対して刺激を与えるという意味では、ありな話にも思えてしまいます。
外国人参政権というのは、大げさに考えれば、国を乗っ取られてしまうような不安感を覚えます。

特に韓国や中国は反日感情が強いので、ちょっとしたことでも対立することが多いです。

日本に住んでいるからといって、反日感情の強い国の人達に参政権を与えたら、日本人や日本のことなど考えずに自国に有利な働きをして、日本がどんどん外国の食い物にされてしまうのではと思ってしまいます。

ですので、日本国籍を持たない人に、参政権は与えるべきではありません。
外国人でもその地に居住し、住民として税金などをきちんを納めているならば市民の当然の権利として参政権を与えても良いと思います。

また、外国人特有の日本人では思いつかないような提案などもあればどんどん参加してもらって、新しいアイディアをその地域に提案してくれたらもっと地域が素晴らしくなると思います。

誰にとっても生活しやすい地域であるために、外国人にも参政権を持ってもらって、色々な意見を出してもらうべきだと思います。
もし、海外から外国人が大量移住してきたら日本の小さな町村ではその外国からの移民によって票が左右されてしまい、場合によっては悪い条例や法律が可決してしまう可能性もあるから、外国人に参政権を与えるのは良くないと思います。

日本の古くからの文化を守り続ける地域では、外国人が大量に地域に入ってくることによって、昔ながらの日本の雰囲気が悪くなってしまうかもしれません。
長い間他国に住んでいると、その国の言語はもちろん、文化や歴史、そのほか諸々のことを自然と知識として得ることになります。しかも、その国で暮らしていることで何らかの貢献をしているということにもなります。

そのため、国を発展させて良い方向へと変えていくために、自分たちの意見を少しでも聞いてもらえるようにと、外国人参政権の権利を得ることは、必要なことだと言えます。

それらの声を受け入れてくれる議員がいれば、その人が当選するように1票を投じることができるため、声を政治に反映させられるようになるので良いと思います。
いくら長い間他国に住んでいて、その国に少なからず貢献しているとはいっても、やはり祖国への思いや民族の誇りは捨てられないでしょうから、住んでいる国のことを完全に理解するというのは不可能に近いと思います。

そのため自分たちの声を政治に反映させたいと考えたとき、それは、住んでいる国の人たちから見ると、必ずしも国のための意見だとは言えないことも多いでしょう。

その人たちの民族の結束力が強ければ強いほど、その民族に有利な政治を進めたいと考えてしまう可能性があり、それでは純粋に住んでいる国のためにはならない恐れがあるので、外国人参政権には反対です。

参考サイト
Wikipedia(世界) Wikipedia(日本)