3Dテレビ

メリット デメリット
映像により迫力を感じるようになる 専用のめがねをかけるのが面倒
珍しいので小さな子供が特に面白がる 専用のめがねも結構高い
液晶テレビやプラズマテレビよりも高級感を感じられる 目が疲れやすくなったり、視力が落ちたりする
徐々に3D対応のDVDやブルーレイが増えてきている 人によっては気持ち悪くなることもある
わざわざ映画館まで行かなくても3Dを楽しめる 3D対応のコンテンツが少ない
3D対応のゲームを楽しむことができる 録画したい場合は録画機器も3D対応である必要がある
よりリアリティを感じられる そこまで迫力やリアリティを求める人が少ない
あまり見かけないので高級感を感じられる 単純に普及していないため、このまま廃れる可能性もある

みんなの賛成意見 みんなの反対意見
3Dテレビの方が映画館で見るよりも立体感が出る印象があります。

映画館だと席を自由に動けないのでベストポジションに座るのが難しいですし、大きい画面なりの迫力はありますが、自宅の3Dテレビは自分で3Dが効果的に見えるベストな位置に合わせる事が出来るのが良いです。

特に3D対応のスポーツテレビ中継や旅番組等は3Dとの相性が良く、旅番組等は本当にその場にいるような感覚になり、スポーツは扱うボール等に重量力量感を感じます。自宅でこれらの番組を見れるのは嬉しいですね。
3Dテレビは臨場感があってよいのですが、流石にまだ目が疲れます。特に長時間見るのはきつく、映画一本見るのは辛いですね。

眼鏡も最初から付属しているものでは少し効果が弱いので市販の1万程のモノを買う方が良いです。その辺りのコストをどう見るかですが、少し高いと思います。

まだまだ3D対応してくれる普通のテレビ中継も少ないですし、コンテンツ不足は否めません。

もちろん漠然と3Dで見れるのですが、やはり専門の対応チャンネルと比べたら全然違います。今後はどんどん対応した番組中継を増やして欲しいものです。目の疲れとチャンネルの少なさがデメリットですね。
3Dテレビの良いところは、家庭にいながらにして迫力のある動画を立体的に見ることができるところにあります。映画館まで行かなくても、家のテレビで3Dの立体映画を見ることができるのですから、とても良いと思います。

3Dは画像から飛び出て来て、まるで本物がそこにあるように見え、映像をより楽しく、より迫力のある感じで見ることが出来ます。家でリラックスした格好で映画館と同じような映像を見ることが出来るのですから、とても楽しいです。
3Dテレビを見るときには、3D専用のメガネをかけなければならないという面倒臭さがあります。

家族が5人いると、5個用意しなければならなくなり、それを保管するのにも場所をとります。それに3D画面を長時間見ていると、目が疲れてしまうところも気になります。

3Dでなくても十分楽しめる番組が多いし、3Dの放送も数が少ないので、3Dを見たければわざわざ3Dテレビを導入しなくても映画館に行けば良いと思います。
3Dをテレビの良いところは、臨場感溢れる迫力ある映像が常に見られるようになったという点です。

一昔前は平面的なブラウン管テレビを見ていた我々ですが、3Dの登場により、まるでその場にいるかのような雰囲気を家庭でも味わえるようになったことは、歴史的なことです。

3Dということで、平面から立体への転換をしたわけですが、3Dテレビはスポーツ中継などだけではなく、自然風景や動物や昆虫の影像などにも流用出来ます。

動きのあるものを立体で見ることは、我々にさらなる新世界をのぞかせてくれることでしょう。
3Dテレビが良くないと思う点。それは「目に悪い」ということです。昔は3Dメガネをかけて画面を見ると、影像が飛び出して見え、大迫力の影像を楽しめました。

最近では裸眼でも臨場感のある迫力のある映像が見られますが、実際、裸眼で3Dテレビを見ていると、視力が弱い人などは1時間弱で疲れが来てしまいます。

目の内部で3Dを認識するということは、目に負担をかけます。少しずつ休憩を取りながら見れば問題はありませんが、3Dが全盛期になった現在において、裸眼ですぐ疲れてしまうのは3Dテレビの良くない点だと思います。
3Dテレビの魅力は、普通のテレビ映像と比べ、やはり映像自体の迫力が全く違うということです。

3Dに対応している映画などを実際に見たことがある方ならよく分かると思いますが、映画の中の世界に自分もいるような感覚になるので、手を伸ばせば、触れることができそう…掴めそう…などと思ってしまうことも度々あります。

更に、カーレースゲームの中にも3D対応のものがあるのですが、通常の映像と比べ、実際にコースを走っているような臨場感を味わえ、コース自体にも奥行きが感じられ、ついつい時間を忘れて没頭してしまうことも良くあります。
3Dテレビのデメリットをあげるとすれば、やはり通常のテレビを見る時よりも目が疲れることが多いです。

あまり長時間にわたって映像を見続けることができないということや、3D対応のメガネを装着しなくてはならないので、メガネに慣れていない人であれば、常に煩わしさを感じながらの視聴となってしまうことではないでしょうか。

あともうひとつは、見たい映画やテレビ番組などが3Dに対応していない場合も多く、3Dテレビがあっても見たい映像がないので、結局あまり見る機会を作れないという点です。

3D対応のブルーレイ商品や番組が多くなるまで、3Dテレビは購入はないかな…というふうに考えています。
3Dテレビは専用のメガネをかけることで画面に立体感を出すことができるのが特徴です。建物や風景、人物などが平面ではなく、立体に見えることで自分が実際にその場にいるような雰囲気を味わうことができます。

また家庭用のゲーム機を3テレビに繋げてプレイすれば、迫力あるゲーム画像でゲームを楽しむことができたり、今まで見たことのあるDVDなども3Dテレビで見ることにより、普段とは違った感覚で楽しむことができます。

3Dテレビは今までのテレビより迫力を身近に感じられるのが良い点だと思います。
3Dテレビは画面の立体視が特徴ですが、立体視で画面を見るには専用の3Dメガネをかける必要があります。

また専用のメガネをかけていても画面の正面で見ないと立体視で見ることが出来ないので、自分の好きな位置で3Dテレビをみることができません。

人によっては3Dメガネをかけると目が疲れる人や、3D表現を感じられないという人もおり、誰にでも立体視できるテレビにはなっていません。価格も通常の液晶テレビと比べるとかなり高価なので気軽に買える商品でないのが残念です。

参考サイト
SONY パナソニック